Excel 時給×時間の給与計算をするには?

Excel2013 Excel2010

セルに入力した数値データや日付データ、時刻データは、表示形式を設定することで、セル内のデータの値を変えずに見た目のみを変えることができます。覚えておくと便利なデータの装飾方法について詳しく学習しましょう。

Excel2013/Excel2010


Excel

時給×時間の給与計算をするには?

Excel

1時間を「1」で表すように変更する

例えば、次のような表で給与計算を行う場合、「稼働時間」の[E5]セルに「7:30」と表示されていますが、本当の値(シリアル値)は 0.3125 なので、これに時給を掛けても正しい給与を求めることはできません。

シリアル値は1日(24時間)を「1」で表すため、シリアル値に24を掛けて1時間を「1」で表すように変更する必要があります。

次のような表を利用して、セル[F5]に正しい時間を表示し、セル[G5]に時給×時間の計算を行ってみましょう。

■操作方法は下記のとおりです。

「稼働時間」のシリアル値に24を掛けます。
1.数式「=E5*24」を入力します。(シリアル値の 0.3125 に 24を掛けます。)

時給×時間の給与計算をする

※「**:**」形式の時間の実体はシリアル値です。シリアル値は1日(24時間)を「1」で表すため、これに時給を掛けても正しい給与を求めることはできません。そこでシリアル値に24を掛けて1時間を「1」で表すように変更します。


シリアル値の 0.3125 に 24を掛けると「7.5」となります。ただし、24を掛けただけでは、計算結果のシリアル値が時刻で表示されてしまうので、表示形式を10進法の数字に変更します。
2.[ホーム]タブ→[数値]右下の↘ボタンをクリックします。

ユーザー定義


[セルの書式設定]ダイアログボックスが表示されます。
3.[分類]から[標準]を選択し、[OK]ボタンをクリックします。

時給×時間の給与計算をする


給与(時給)計算ができる「7.5」に変更されます。
4.この数値に時給を掛ける数式を入力します。


《操作結果》
正しい給与を求めることができました。

時給×時間の給与計算をする

※上記のような表の場合、時給が入力されているセルを計算対象にする場合は 絶対参照 にしてからオートフィルでコピー します。

■関連ページ