Word 表で簡単な計算をするには?

Word2013 Word2010

表の作成方法からさまざまな編集方法ついて学習しましょう。

Word2013/Word2010


Word

表で簡単な計算をするには?

Word

表の数値を計算する方法

Wordの表の計算機能では、四則演算(加算・減算・乗算・除算)のような簡単な計算のほかに、関数を使った複雑な計算式を行うことができます。
しかし、Wordは本来ワープロ文書を作成するソフトなので、Excelのように参照先の数値を変更して自動計算するほどの機能は持っていません。頻繁に計算式を使う場合は、表計算ソフトであるExcelを使うことをお奨めします。

■表の計算機能を使う前に
表の計算機能を使う場合は、セル番地計算式という用語の意味をあらかじめ覚えておくことが必要です。

表の計算機能

  • 「セル番地」は、計算式の参照先となるセルの住所のことです。セル番地は、列の位置を示すアルファベットと行の位置を示す数字の組み合わせてできています。
  • 「計算式」は、計算を行うための記述のことです。計算式は必ず「=(イコール)」で始まり、セル番地や演算記号などと組み合わせて作成します。

表の計算機能


表の計算機能

■関連ページ
表を作成するには?
表に文字を入力すると空白ができる
入力済みの文字列を、表の形に変更したい
表形式を解除して、罫線のない文字列にしたい
入力した文字列に合わせて列幅を調整したい
文字列を列幅に合わせて均等に割り付けたい
表内の文字列の配置方法は?
計算式を作成するには?
2ページ以降にも1ページと同じタイトルをつけたい
表の中の内容を数値の高い順番に並べ替えたい