Word 画面にときどき「I」のような記号が表示される

Word2013 Word2010

Wordを利用して文書作成を行う前に、覚えておくと便利な知識について学習しましょう。

Word2013/Word2010


Word

画面にときどき「I」のような記号が表示される

Word

クリックアンドタイプ 機能のマークです。

クリック アンド タイプ 機能とは、文書内の空白領域に文字列、図、表などの項目を素早く挿入できる機能です。
文書内の段落が作成されていない空白領域をダブルクリックすると、その位置に段落書式(インデント、配置、行間、番号づけなど段落の表示を制御する書式のこと)が自動的に設定されます。印刷レイアウトモードでは、クリックアンド タイプで文書内のほとんどの空白領域に項目を挿入することができます。


《クリックアンドタイプのマウスポインターの形とその機能》

マウスポインターの形名 称意 味
クリック アンド タイプ字下げの位置から入力文書を1文字下がった位置から入力します
クリック アンド タイプ左揃えの位置から入力段落が作成されていない文書内で左揃えの位置から入力します
クリック アンド タイプ中央揃えの位置から入力段落が作成されていない文書内で中央揃えの位置から入力します
クリック アンド タイプ右揃えの位置から入力段落が作成されていない文書内で右揃えの位置から入力します
Word

クリックアンドタイプ の使い方

Wordの新規文書を用意し、マウスポインターを右から左へゆっくり動かしてみましょう。
ポインターが特定の書式設定 "ゾーン" に移動すると、そこで適用される書式設定に従って、形が変わります。

いずれかの形のときにダブルクリックすると、クリックアンド タイプのポインターの形によって書式設定が適用され、その位置から文字が入力できます。

4種類あるクリックアンドタイプを使って文書を作成してみましょう。

《例1:字下げの位置から入力する場合》

クリックアンドタイプ


クリックアンドタイプ



《例2:左揃えの位置から入力する場合》

クリックアンドタイプ


クリックアンドタイプ



《例3:中央揃えの位置から入力する場合》

クリックアンドタイプ


クリックアンドタイプ



《例4:右揃えの位置から入力する場合》

クリックアンドタイプ


クリックアンドタイプ


■関連ページ
表示モードって何ですか?
効率的な文字の選択方法は?
前のバージョンで使っていた機能が見つからない