Excel 関数を利用して数式を作成するには?

Excel2013 Excel2010

Excelの関数の入力方法や編集方法、エラーが表示された時の対処方法など、覚えておくと便利な知識について学習しましょう。

Excel2013/Excel2010


Excel

関数を利用して数式を作成するには?

Excel

関数ダイアログボックスの利用

関数とは、目的の計算をするためにあらかじめ用意されている数式のことです。

演算子だけを使用して行う計算には限界があります。例えば、100個のセルに入力された数値の合計を求める場合、それらを一つ一つ「+」を使ってつないで数式を作成するのは大変です。しかし、関数を利用すると、複雑な計算や条件式を使った計算、また算出方法がわからない計算式でも、必要な基本のデータを入力するだけで、数式を考えることなく値を求めることができます。

[関数の挿入]ダイアログボックスは、数式バーのすぐ左隣にある[関数の挿入]ボタンから表示することができます。

■操作方法は下記のとおりです。
1.数式を作成するセル([E4]セル)をクリックします。
2.[関数の挿入]ボタンをクリックします。

関数の挿入


[関数の挿入]ダイアログボックスが表示されます。
3.[関数の分類]から「数学/三角」を選択します。
4.[関数名]から「SUM」を選択し、[OK]ボタンをクリックします。

関数の挿入


[関数の引数]ダイアログボックスが表示されます。
5.[数値1]にセル範囲「B4:D4」となっていることを確認して、[OK]ボタンをクリックします。
※もしセル範囲の内容が違う場合は、ワークシート上のセル範囲をドラッグして指定し直しましょう。

関数の挿入


《操作結果》
SUM関数の数式を入力することができました。

関数の挿入

Excel

数式バーに直接入力する

関数は、[関数の挿入]ダイアログボックスを使わずに入力する場合は、セルに直接入力または数式バーに直接入力します。

入力する際には、関数のスペルを間違えないように気をつけましょう。

■操作方法は下記のとおりです。
1.数式を作成するセル([E4]セル)をクリックします。

関数の挿入


2.数式バーにカーソルを表示し、「=SUM(」と入力します。

関数の挿入


3.ワークシート上の合計を求めるセル範囲([E4]~[E10]セル)を範囲選択します。

関数の挿入


4.「)」を入力し、[Enter]キーを押します。

関数の挿入


《操作結果》
数式バーから直接入力して、SUM関数の数式を入力することができました。

関数の挿入

■関連ページ