Excel 関数って何ですか?

Excel2013 Excel2010

Excelの関数の入力方法や編集方法、エラーが表示された時の対処方法など、覚えておくと便利な知識について学習しましょう。

Excel2013/Excel2010


Excel

関数って何ですか?

Excel

関数とは

関数とは、目的の計算をするためにあらかじめ用意されている数式のことです。

演算子だけを使用して行う計算には限界があります。例えば、100個のセルに入力された数値の合計を求める場合、それらを一つ一つ「+」を使ってつないで数式を作成するのは大変です。しかし、関数を利用すると、複雑な計算や条件式を使った計算、また算出方法がわからない計算式でも、必要な基本のデータを入力するだけで、数式を考えることなく値を求めることができます。

《関数を利用する際の考え方》
「関数」は、あらかじめExcelに用意されている数式です。目的に合わせて特定の計算を行うことができます。
関数を使う場合は、演算記号を使って数式を入力する代わりに、「()カッコ」内に必要な引数(ひきすう)を指定して計算を行います。

関数


[D3]セルには、SUM関数を使った[A3][B3][C3]セルの合計を求める数式が入力されています。

関数

■関連ページ