Excel セルの内容を変更されないようにするには?

Excel2013 Excel2010

Excelでは、セルに作成した数式の内容を隠しておきたい場合や、他のユーザーに編集されないようにしたい場合に、数式バーの内容を非表示にしたり、セルに入力できないようにすることができます。覚えておくと便利な知識について学習しましょう。

Excel2013/Excel2010

Excel

セルの内容を変更されないようにするには?

Excel

シートの保護

Excelでは、セルに作成した数式の内容を隠しておきたい場合や、他のユーザーに編集されないようにしたい場合には、セルに「ロック」という鍵をかけて数式バーの内容を非表示にすることができます。
セルをロックするには、シートの保護 機能を利用します。

例えば、数式を作成したセルを第三者に変更されないようにしたい場合などに利用すると便利です。

次のような表の[H3]~[H8]セルの数式を非表示にし、さらに他のユーザーに編集されないように、[シートの保護]機能を利用してセルにロックをかけてみましょう。

■操作方法は下記のとおりです。
1.数式を非表示にするセル範囲([H3]~[H8]セル)を選択します。

シートの保護


2.[セルの書式設定]ダイアログボックスを表示します。
3.[保護]タブを選択し、「表示しない」にチェックを入れて[OK]ボタンをクリックします。

シートの保護


4.[ホーム]タブ→[書式▼]から[シートの保護]をクリックします。

シートの保護


[シートの保護]ダイアログボックスが表示されます。
5.[シートとロックされたセルの内容を保護する]にチェックが入っていることを確認し、[OK]ボタンをクリックします。

シートの保護


《操作結果》
シートの保護


※参考
シートの保護

Excel

シート保護の解除

シートの保護機能を利用してロックをかけたセルを元の状態に戻すには、シート保護の解除 機能を使って、セルのロックを解除します。

ロックがかかっているセルの数式を再表示し、編集できるようにしてみましょう。

■操作方法は下記のとおりです。
1.数式を再表示させるセル範囲を選択します。
2.[シート保護の解除]をクリックします。

シート保護の解除


《操作結果》
ロックされていたセルの数式が再び数式バーに表示されます。

■関連ページ