Word リボンの表示・非表示

Word2013 Word2010

Wordを利用して文書作成を行う前に、覚えておくと便利な知識について学習しましょう。

Word2013/Word2010


Word

リボンの表示・非表示

Word

リボンの表示・非表示について

Word2013では、リボンの表示・非表示の方法が選択できるようになっています。画面右上にはリボンの表示オプションが表示されます。
表示領域を広げたい場合に、リボンをタブのみの表示にしたり、一時的に表示する設定にしたりすることができます。

《リボンの表示オプションでできること》
リボンの表示オプションに用意されているリボンの表示方法は次のとおりです。

  1. リボンを自動的に非表示にする
  2. タブの表示
  3. タブとコマンドの表示

リボンの表示オプション

Word

リボンを自動的に非表示にする

リボンを自動的に非表示にするを選択すると全画面表示になり、リボンが非表示になります。

リボンの表示オプション

※タッチ操作を行う場合に利用すると便利な表示方法です。


※参考/リボンの表示方法を元に戻す方法
1.画面上部にマウスポインターを移動すると薄い青の帯が表示され、画面右上にリボンの表示オプションが表示されます。

リボンの表示オプション


2.リボンの表示オプションから[タブとコマンドの表示]をクリックします。

リボンの表示オプション

Word

タブの表示

タブの表示は、リボンのタブのみを表示する表示方法です。

リボンの表示オプション


リボンの表示オプション

※タブの内容を表示する場合は各タブをクリックします。


《Word2013 リボンを折りたたむ》
リボン右端にリボンを折りたたむボタンがあります。
このボタンをクリックすると、「タブの表示」と同じ表示になります。

リボンの表示オプション


《Word2010 リボンの最小化》
Word2010では、リボン右端にリボンの最小化ボタンがあります。
このボタンをクリックすると、「タブの表示」と同じ表示になります。

リボンの表示オプション

Word

タブとコマンドの表示

タブとコマンドの表示は、既定の表示方法です。
タブとリボンを常に表示しておきたい場合は、この表示方法を選択しましょう。

リボンの表示オプション


リボンの表示オプション

※タブが折りたたまれている場合は、[タブとコマンドの表示]を選択して既定の表示方法にしておくと安心です。

■関連ページ
リボンの使い方
表示モードとは?
画面に「I」のような記号が表示される
効率的な文字の選択方法は?
前のバージョンで使っていた機能が見つからない