Excel 数式のエラー

Excel2013 Excel2010

Excelの関数の入力方法や編集方法、エラーが表示された時の対処方法など、覚えておくと便利な知識について学習しましょう。

Excel2013/Excel2010


Excel

数式のエラー

Excel

エラー値とは

数式を間違って入力すると、セルに英語の文字が表示されることがあります。この文字のことを エラー値 といいます。

関数を利用した数式を実行した際、関数名が間違っていたり、識別できない引数が指定されていると、数式を入力したセルに「エラー値」が表示されます。エラー値は、エラーの内容によって異なるので、数式のどこが間違っているのか原因を特定することができます。訳のわからない文字がセルに表示されたら、それは「数式に間違いがありますよ!」とExcelがメッセージを出してくれているのです。

Excelで表示されるエラー値の種類については下記の表を参考にしてください。

《エラー値とその種類》

エラー値エラー値が表示される原因とその発生例
######セル幅よりも長い数値が入力されている場合や、結果の負の値になる日付・時刻が入力されている場合。
発生する例:列幅の小さいセルに、桁数の大きい数値や、表示形式の長い日付/データが入力されたときに発生します。
#VALUE!関数で計算できない引数が指定されいる場合や、指定する範囲が間違っている場合。
発生する例:引数として数値を指定する関数で、単独の文字列を指定すると発生します。
#DlV/0!割り算の数式に何も入力されていないセルや 0 が指定されている場合。
発生する例:ワークシートを作成するときの手順が、数式をあらかじめセルに入力しておき、必要なデータは後から入力するというときに比較的多く発生します。
#NAME?関数名が間違っている場合や認識できない文字列が使われた場合。
発生する例:関数名や名前の入力間違いや、データとして扱う文字列を「""(ダブルクォーテーション)」で囲み忘れた場合などの入力ミスがあるときに発生します。
#N/A関数や数式に使用できる値がない場合。
発生する例:セル範囲や配列からデータを取り出す関数(LOOKUP・VLOOKUP・HLOOKUP・MATCH関数)で、検索対象の範囲に含まれていないデータを検査値として引数に指定したときなどに発生します。
#REF!数式で参照するセルが削除されているときなどセル参照が無効な場合。
発生する例:入力された数式をコピーしたり、参照しているセルを含む行や列が削除されたりすると発生します。
#NUM引数として数値を指定する関数に別の値が使われている場合。
発生する例:引数として一定の範囲の数値しか指定できない関数で、その範囲を超えた数値を指定したときに発生します。
#NULL指定した2つのセル範囲に共通部分がない場合。
発生する例:関数の引数として共通部分のない2つのセル参照をスペース演算子でつなぐと発生します。

■関連ページ