Excel 算術演算子とは?

Excel2013 Excel2010

Excelでは「数式」を使うと、入力されている値をもとに計算を行い、計算結果を表示することができます。Excelの基本的な計算機能の利用方法など、覚えておくと便利な知識について学習しましょう。

Excel2013/Excel2010


Excel

算術演算子とは?

Excel

算術演算子とは

算術演算子とは、「+」(プラス)や「-」(マイナス)のように、データの値を求めるための計算記号のことをいいます。 
Excelで利用することができる算術演算子の種類については、下記の表を参考にしてください。

《算術演算子の種類》

算術演算子演算する内容記述例
+(プラス)足し算3+5
-(マイナス)引き算15-5
*(アスタリスク)掛け算5*4(5×4を表します)
/(スラッシュ)割り算30/6(30÷6を表します)
^(ハットマーク)べき乗3^5(3×3×3×3×3…3の5乗を表します)
%(パーセント)パーセント(割合)15%
Excel

算術演算子の優先順位は?

Excel

算術演算子の優先順位

数式で利用する演算子には優先順位があります。複数の演算子を組み合わせて数式を作成した場合には、優先順位の高い演算子から計算が行われるので、優先順位が同じ演算子を利用しているときには、数式の左側から順に計算が行われることになります。
算術演算子の優先順位については、下記の表を参考にしてください。

《算術演算子の優先順位》

優先順位算術演算子
%(パーセント)
^(ハットマーク)
*(アスタリスク)・ /(スラッシュ)
+(プラス)    ・ -(マイナス)



《問:この数式はどのように計算されますか?》

10+20/5-2


《答:》

  1. 「20/5(20÷5)」が最初に計算されます
  2. 「10+4」が次に計算されます
  3. 「14-2」が計算されます
Excel

算術演算子の優先順位に関係なく計算するには?

Excel

算術演算子の優先順位に関係なく計算する方法

《問:この数式はどのように計算されますか?》

(10+20)/5-2


《答:》

  1. 「10+20」が最初に計算されます
  2. 「30/5」が次に計算されます
  3. 「6-2」が計算されます

■関連ページ