Excel データを移動するには?

Excel2013 Excel2010

Excelでは、セルやセル範囲、行、列単位で入力したデータを移動できます。
表の作成や編集などの作業を効率よく行うのに役立つデータの移動方法について学習しましょう。

Excel2013/Excel2010


Excel

データを移動するには?

Excel

コマンド操作でデータの移動

切り取り 機能と 貼り付け 機能を使うと、データを移動することができます。1回ごとの操作で移動元の範囲選択と移動先の位置を指定できるので、画面内に収まりきらない大きなセル範囲や行・列を移動するときには、ドラッグ操作よりも確実に移動を行うことができます。

次のような表の[A10][B10]セル範囲のデータを、コマンド操作で[C1][D1]セルへ移動してみましょう。

■操作方法は下記のとおりです。
1.移動元となるセル範囲([A10][B10]セル)を範囲選択します。

データの移動


2.[ホーム]タブ→[クリップボード]から[切り取り]をクリックします。

データの移動


選択したセル範囲の枠線が点滅し始めます。
3.移動先のセルをクリックします。

データの移動


4.[ホーム]タブ→[クリップボード]から[貼り付け]をクリックします。

データの移動

《操作結果》
目的のセル範囲のデータが移動します。

データの移動

※移動元のセル範囲に設定されていた書式も一緒に移動します。

※注意
参照先のデータを移動した場合、ブック内で移動元のセル番地を参照先としている数式は、参照先が移動先のセル番地になるように自動的に変更されるので計算結果は変わりません。しかし、参照先が1つではなくセル範囲ということになると、範囲内のセルが別の位置に移動しても数式内での参照先は変更されないので、データが歯抜け状態になり計算結果が変わることがあります。

Excel

ドラッグ操作でデータの移動

マウスによるこの操作は「ドラッグ&ドロップ」と呼ばれています。手順が少ないので素早く作業を行うことができ、クリップボードを利用しないので、クリップボード内のデータを残しておきたいときなどに便利です。

ドラッグ操作で[F1]セルのデータを[A2]セルへ移動してみましょう。

■操作方法は下記のとおりです。

1.移動元となるセル([F1]セル)をクリックします。
2.選択したセル([F1]セル)の枠線にマウスポインターを乗せて、マウスポインターが「双方向の矢印を重ねた十字の形と白い矢印」に変わったら、移動させたい位置([A2]セル)にドラッグします。
(ドラッグしている最中は、マウスポインターは白い矢印だけになります。移動先([A2])が画面に表示されたことを確認して、マウスのボタンから手を離します。)

データの移動

データの移動


《操作結果》
ドラッグ操作により目的のセルのデータが移動できました。

データの移動


※注意
移動を行う際、移動先のセルにすでにデータが入力されている場合には、データを置き換えることを確認するメッセージが表示されます。
移動を実行してもよい場合には[OK]ボタンをクリックします。この時、移動先のセルのデータは上書きされてしまうので注意しましょう。

■関連ページ