Excel 行・列を追加するには?

Excel2013 Excel2010

ワークシート内にあるセルやセル範囲、行、列は必要に応じて削除や追加ができます。不要になったデータの入力欄を削除したり、入力欄が不足した場合などに利用できます。セルや行・列の追加や削除方法について学習しましょう。

Excel2013/Excel2010


Excel

行・列を追加するには?

Excel

セルの挿入

Excelでは、行または列を追加する場合、セルの挿入 機能を使います。この機能を使って行または列を挿入すると、隣接するセルの書式が引き継がれるので、表の入力欄を増やしたい場合などに便利です。

次のような表の5行目と6行目の間に行を追加してみましょう。

■操作方法は下記のとおりです。

1.行を挿入する行番号「6」(列を挿入する場合は列番号)をクリックして選択します。
(選択した行または列が反転表示されます)。

セルの挿入


2.[ホーム]タブ→[セル]の[挿入▼]をクリック→[セルの挿入]をクリックします。

セルの挿入


《操作結果》
選択した位置に行が挿入されて、選択していた行が下方向へずれて表示されます。

セルの挿入


※参考
行を挿入すると、選択した行番号の位置に新しく行が挿入されて、選択していた行が下方向へずれて表示されます。また列を挿入すると、選択した列番号の位置に新しく列が挿入されて、選択していた列が右方向へずれて表示されます。
行や列を挿入するときには、選択する行または列を確認してから行うとよいでしょう。

■関連ページ